1. HOME
  2. 音の手帳
  3. 無限線上の汽車シリーズ(2曲)

無限線上の汽車シリーズ(2曲)

1. 無限線上の汽車 メインテーマ

2. 1/1 〜無限線上の汽車より

 

❶ 無限線上の汽車 メインテーマ

物語 少女サイド

兄のように慕っていた旅するヴァイオリン弾きは、町にやってきては世界の向こう側の話を聞かせてくれた。いつものように駅まで見送りに行ったきり会えないまま月日が過ぎたある日、大樹の下にヴァイオリンのケースと手紙が埋まっているのを見つける。あの日一緒に歩いた線路に沿っていけば、きっとまた出会えると信じて少女はヴァイオリンを片手に旅をする。

 


 

 

 

 

 

 


歌詞 無限線上の汽車

 
試しに拳を結んで 世界の風飛び込め
君が語るのなら 夢中で追いかけて
 
砂を巻き上げ走ってくのは 水平線上の汽車
少し塞ぐ君の明日も知らずに
 
両手よ高く雨が注いでも
再び同じ夜は 待ち続けない
 
いつか無限線上のどこかの大地に続いてゆく
世界中と二人だけの長い旅
いつか無限線上は迷いついたなら覗き込んだ
映り込んでゆく空はアカく

 
寂しい服添えられた 私には似合わない花
名前のない果てを夢中で愛してた
 
錆びついて走らなくなってゆく水平線上の汽車
おいで眠るのならついてくるでしょう
 
月日よどうか日々を知らすな
昨日に続く道が崩れる前に
 
いつか無限線上のどこかの大地に終われゆく
もうこれ以上もう歩けない嘆いてた Ah…

 

 
無謀と頑なに大地を傷つけた
二十余時間許された気がした
今日しかない星を綺麗と思うのは
君といたわたしここだよ 知るものだから

 
いつか無限線上のどこかの大地につづいてゆく
世界中と二人だけの長い旅
いつか無限線上は迷いついたなら覗き込んだ
映り込んでゆく空は泣いた

制作

メインテーマ「無限線上の汽車」
ヴァイオリン&ヴィオラ – 松本一策 @issaku_m
ボーカル・コーラス – 山本 晃 @Akira_Y_song
エレキギター – YAMAGEN’S DEVILELIET @devileliet
作詞・作曲・編曲 – 錦 陽香 @otonokaijyu

関連リンク

いっさくこんぴ https://s-violine.com/index.php?compilation
DISK-02 Tr.10「無限線上の汽車」

 

❷ 1/1 〜無限線上の汽車より (視聴版)

物語 ヴァイオリン弾きサイド

旅するヴァイオリン弾きは、道の途中の町を訪れては世界の向こう側の話を聞かせていた。ある日1通の通知が届き、何も告げることもできずに遠く戦地へ行かなければならなくなってしまった。ヴァイオリンをよく弾きに行っていた丘に立つ大樹の元に手紙とヴァイオリンを埋め、いつか彼女の手に渡るようにと願い、故郷を立ち去った。

 


 

 

 

 


歌詞 1/1

 

 
ふわり振り向いた 静かに通り過ぎて
もう置いてきたんじゃなくて 飛んでゆけば良い
 
逆さに咲く幸せと聞かせたのに どうして悲しい

 
1/1秒 生き抜いたとして
倒れ帰る場所はどこにあるだろう いいや

終焉と自由が暴れて晴れたら 生き抜いてやった1/1秒 叫べ

 

冬立ち止まった 眩しく輝いて
陰りが覆い尽くすまで急かさなくて良い

 
昨日の大樹は何も知らない手を繋ぎ離せないんだろう
逆さに咲く幸せを知らないままどこまで行こう
 

一生と1秒 手を伸ばしたとして
掻き廻した星はどこにあるだろう いいや
運命のカケラ掴んで投げたら まだ生きたいんだ
答えが言うなら叫べ

 

1/1秒 生き抜いたとして
倒れ帰る場所はどこにあるだろう いいや
終焉と時代が暴れて晴れたら 生き抜いてやった
1/1秒 1/1秒

制作

ヴァイオリニストのテーマ「1/1 無限線上の汽車より」
ヴァイオリン&ヴィオラ – 松本一策 @issaku_m
ボーカル・コーラス – 山本 晃 @Akira_Y_song
作詞・作曲・編曲 – 錦 陽香 @otonokaijyu

関連リンク

いっさくこんぴ 2 「廻想世界」 https://s-violine.com/index.php?compilation2
Vol.2 Tr.15「1/1 無限線上の汽車より」

 

 


無限線上の汽車について

ヴァイオリニスト松本一策さんが企画した生ヴァイオリンのコンピレーションアルバム。
何その楽しそうなの!?という理由だけで参加してしまいました。

せっかくの生ヴァイオリンのコンピレーションアルバムなので、なんとかヴァイオリンにちなんだ曲を書きたい。
ところが私が制作するのは歌ものなのでどうしても歌が目立つことは避けられません。
普通の歌の流れではヴァイオリンの見せ場がないまま終わってしまうので、
ヴァイオリンの見せ場を作るにはどうすればいいだろうか。
そうだ…ヴァイオリニストが出てくる物語を作ればいいんだ!

ヴァイオリンの話を考えるところからスタートしましたら、
ヴァイオリニストを探して旅に出た少女という普段出てこないような物語ができました。

そして、再びのコンピレーションアルバム。第2段もあると聞いて、
無限線上の汽車の曲をさらに増やしたら面白いんじゃないかと
少女視点の「無限線上の汽車」に対して、ヴァイオリニスト視点の「1/1」が出来上がりました。
今後、第3段、第4段もあれば、登場人物も増えて広がっていくと嬉しいです。