1. HOME
  2. 全て
  3. 全て
  4. 鈴木 光ちゃんとジャスコ(林 輝幸さん)が番組を卒業したので

鈴木 光ちゃんとジャスコ(林 輝幸さん)が番組を卒業したので

クイズ番組「東大王」の鈴木 光さんと林 輝幸さんがついに番組を卒業してしまいました。2人のファンだったので少し寂しい思いです。私にとって勉強ってこんな面白いんだって思えるようになったきっかけと言ってもいいお二方でした。できることなら、私が中学生、高校生の頃にこのメンバーがTVに出ているところに出会いたかったです。

鈴木 光さんは、英語や音楽に堪能で私の興味を持っている分野と全く一緒、何と言っても可愛くて、でも得意ジャンルのクイズに答える時は誰よりも早く押し、圧倒的強さでかっこいい、まさに私の憧れの学生時代を描いているような方でした。

林 輝幸さんは、先の卒業生の伊沢さんが贈った言葉のように、不器用で見ていてハラハラすることもありましたが、失敗を誰よりも前向きに捉えている姿が素敵でした。ディスコを近所のスーパーだったジャスコと誤答して、今ではみんなからジャスコと呼ばれるような愛されキャラになりましたが、そんなところあったあった!笑と身近に感じられたことが何より面白くてファンでした。

林 輝幸さんはYoutubeチャンネルのQuizKnock(クイズノック)によく出演していますし、芸能界を引退しないので今後も見ることができますが、鈴木 光さんは芸能界は完全に引退、SNSも何ヶ月かしたら閉鎖してしまうそうで、今後、どんな光さんになっていくのか見られることがなくなると思うと寂しくなります。

光さんが唯一出した本、「夢を叶えるための勉強法」。勉強をする方法はもうどうすればいいかわかっている段階にいるので、勉強法という点だけでは、私にとっては必要がないものですが、この本は光さんがいた証明でもあり、もう買えなくなるかもしれないので、思い出に買いました。夢を叶えるための勉強法

発売日前に予約した、QUIZ JAPAN vol.11 も、きっと思い出の本になると思います。鈴木 光さんのインタビューが載っていて、どうして音楽の問題に強いのかがわかるようになります。


最後のインスタライブで、英語で海外と繋ぐところに興味を持っているとお話されていたので、私が英語をやり続けている限りは、どこかで活躍を見かけられるかもしれないし、聞くことができるかもしれません。

私の遊んでいるオンラインゲームでは、世界中の人がたくさん参加していて、私自身は世界のことを何も知らないのに、いろいろな国の人たちが、hayabusa!と突然話しかけてくれたり、仕事で京都や広島や大阪に仕事で行ったことがありますと話してくれたり、武田信玄が好きと熱く語ってくれる人たちがいます。

HayabusaやShingen Takeda、Kyotoに並んで、いつか、世界中の人からHikaru Suzukiを聞くことができるように活躍して欲しいと願っています。そして林さんも今後もたくさん活躍して欲しいです。

鈴木 光さん、林 輝幸さん、ご卒業おめでとうございます。

関連記事