1. HOME
  2. 全て
  3. 全て
  4. 歌ものの作曲とメジャーコンペに参加していた時の話

歌ものの作曲とメジャーコンペに参加していた時の話

大学受験後、作曲を始めました。最初から歌ものを作っていたわけではなく、歌のない音楽を主に書いていました。それまで音楽は無理矢理やらされており、大嫌いで、友だちが歌っていたり、演奏しているところを見て、今どんな音楽があるのか初めて知るぐらいでした。兄はピアノが天才と言われるほど才能がありましたが、私は何もありません。何故その才能が一番必要とする私には降りてこなかったのか!🤣それでも、気づけば作曲を始めていたので不思議です。

初めて作った曲を聞いてくれた人は、音楽雑誌に投稿している北海道の人で、私が作った歌がない曲を聞くなり、「歌書かないの?歌書いてみて欲しい名曲書ける気がする。」って言ってくださいました。それが後々に効いてくることになろうとはまだ思っていませんでした。

● Get Back In Our Utopia
こちらが作曲を始めてから2年目の曲です。ピアノとオーケストラの日本らしい曲。


神戸で知り合ったプロデューサーさんからスカパー番組のテレビの曲書かない?と突然電話がかかってきました。しかし本職作曲家のコメントの方が気になってしまい、私にはまだまだ、もっと勉強してからと思ってしまい断りました。申し訳ありません、あの時のプロデューサー様。作曲家が喉から手が出るほど欲しい仕事だったと思います。曲作ってくれたらどこで使えるか考えて名前も載れば作家デビューでしょう?ほらっと。やりながらレベルなんてあげていけばいいのよと。実際そのぐらいの気持ちでいくべきでした。それをやっていれば今頃はテレビのBGM作家になれていたかもしれません。

同時に役者になる気ない?っていう話も来ました。ロケ見学しにきなよと。今思うことは、そういうなかなか得られない仕事は全部挑戦しておけばよかったです。

歌もの書かないー?と大阪の作曲家メンバーさんから突然電話がかかってくる。いろいろと初めて書いてみることにします。作詞はまだ書けていませんでした。J-POPやK-POPは全く通ってこなかった世界だったので、いっぱい借りて聞かなければなりませんでした。

● 星ミル日ト バラード系

● YeEiYA! アイドル歌もの

● ノクセック  EDM系ダンスアーティストさん歌もの

そして、コンペ通ったよー!!おめでとうこれで晴れてメジャーデビューだねぇ!一気に有名になったらどうする?って言われましたが…連絡待ちの数日後、非常に言いにくいんだけど、やっぱりなくなってしまったと。ここで作曲人生のドン底が来ました。本気で一番下までやる気が叩き落とされてしまいました。このぐらいはよくあることだそうですが、モチベーションを取り戻すのが本気できつかったです。

●しばらく何も書けなくなったので、キッズソングへ行き、これが最後のチャンスぐらいに思って、それらをひっさげて東京ビッグサイトのクリエイターExpoへ出展しに行きます。

ゆうき・ともだち・たんけんたい AIきりたん

ゆうき・にじのアーチ

Potted World   粥塚舞

Hello XMas

会場で、歌書いてみない?興味ない?とたくさんのお誘いがあり、その全てにいいえ…と返事をしていたのですが。帰宅後に再び歌もの書きませんか?のお誘いが他所からきてしまい、これはもう観念して歌書けってことですね。どこ行っても逃げられないんですね!!と思い、再び参加することにしました。

制作担当した九藏喵窩が桑名市のナガシマリゾートで開催されたゆるキャラグランプリに来たため、会いに行きました。それとは別に会場で丁度BGMのフェードアウト部分で聞き覚えの間の音楽が流れ、私と同じような間の取り方をする人がいるもんだなぁ…ぐらいに思っていました。気になっていたものの、出場の時間が近かったため足早に会場に入り、終わったので会場を立ち去ろうとした瞬間、私の曲が流れました!!奇跡です。


そこからポップスや主題歌などのコンペに参加し2年間挑戦することになりますが、書いても書いても全然通りません。誰にも聞いてもらうこともできないのでさすがに病んできます。笑。今はこのイントロはもっとテーマに沿ってよくできる、サビはもっと良いものに変えられると一線引いて見ることができています。全然通らないので、個人的な依頼も増やしてみることにしたら、個人の海外からのお問い合わせが増えました。内容がよくわからない時は友達に手伝ってもらって翻訳会議をしてなんとかします。英語の契約書に頭を抱えるなど、今まで全く知らない世界が開ました。

ある日、アメリカの会社さんからドリームチケット並のかなり大きな仕事でソングライターとして雇いたいというお話が来ていて、お給料の話までして、人生って変わることがあるんだ!!って思ったらコロナで延期になりました…。なかなか波乱万丈ですが頑張っております🤣

私はここまでだらだらしてしまいましたが、そのだらだらしている期間にオンラインゲームで仲良くなった人たちが司法の博士号取得を目指していたり、働きながら大学院の試験に挑戦して合格していたり、ご近所の人が博士号を取ったと報告している人もいて、感銘を受けたので戻る決心をしました。

今一番やりたいことは、ヴァイオリンも生音になった楽曲を作りたいです。是非お声かけください。

● 無限線上の汽車

関連記事